HOME
1/6(火)〜8(木)
サラ・ケイン何かがはじまる
『4時48分サイコシス』
 
カンパニー紹介 サラ・ケイン何かがはじまる●京都府京都市
プロデューサー遠藤寿美子の呼び掛けによって実現したサラ・ケイン作品上演ユニット。
遠藤はポーランドで観たサラ・ケインの作品に衝撃を受け、日本での上演を計画。
「利賀サマーアーツフェスティバル」で出会い、戯曲に共鳴したメンバーとともにサラ・ケインの全5作品を上演することを目的としたプロジェクトを立ち上げ。
本作『4時48分サイコシス』は自殺する直前にサラ・ケインが書き上げた遺作である。
サラ・ケイン
演出 久保亜紀子
キャスト 内藤千恵子(山の手事情社) 飛鳥井かゞり(猫会議) 荒木千童(桃園会) 大熊ねこ(遊劇体) 伴戸チカコ(花嵐)
スタッフ 照明/吉本有輝子 舞台美術/池田ともゆき 舞台監督/岡一代 企画・制作/遠藤寿美子
日時
  1/6(火) 7(水) 8(木)
15:00 * PLAY! PLAY!
19:30 PLAY! PLAY! *
※開場は開演の30分前
料金 前売\2,500 当日 \3,000
問合せ先 075-723-7719(京都制作事務所)
ホームページ http://www1.odn.ne.jp/sarah_kyoto/
  次の公演
このページのトップへ